三鷹台眼科クリニックブログ

クリニックブログ

1月 17, 2019

ベトナムのひかり

NHKで濱田岳さん主演のドラマ「ベトナムのひかり」が放送されました。

長年ベトナムで医療活動をされている、眼科医の服部匡志先生がモデルです。

言葉や文化の違いに悩みながら、、ベトナムの眼科医療に新風を吹き込んでいく様子が描かれていました。

 

私は10年前に2年程、ベトナムの首都ハノイに滞在していました。

この時にハノイ国立眼科病院で活動していた服部先生とお会いした事があります。

ドラマでも出てきた内視鏡での硝子体手術も見学させて頂きましたが、

慣れたベトナム語でスタッフと会話しながら、

オペ室ではベトナム人医師と並列で手術を進めていました。

時間にルーズなのが一番の困り事だとおっしゃっていましたが、

とても自然に手術をこなす姿が印象的でした。

 

ベトナムはチャイナプラスワンとして、様々な海外企業が進出を始めた頃で、

首都ハノイにも次々とビルやマンションなどが立ち並び、活況に沸く頃でした。

都市部のお金持ちはレーシック手術も受けるような反面、

ベトナムの多くを占める貧しい農村部では、まだまだ医療の恩恵に預かれない人が沢山いました。

技術面だけでなく社会の構造的な問題で、 医療の格差はかなりあったようでした。

 

私の住むマンションのそばに盲の老人を見ることがありました。

手作りの箒を売るために、鈴をつけた杖を頼りにバイクが行きかう道を歩いていくのです。

見かけるたびに気になっていましたが、ある日思いきって声をかけ

小さな箒を1万ドン(当時は70円)で買いました。

社会保障の十分ではないベトナムでは、障害の身でも必死に働く姿が心に残っています。

 

私ときたら、眼科臨床とはすっかり離れていた頃だったため、

自分の無力を感じつつ、日本から持ってきた眼科雑誌にやっと手を伸ばす事しか出来ませんでした。

 

あれから10年。

私は服部先生程ではなくとも、

誰かのひかりになれればいいと思う日々です。

 

 

12月 27, 2018

ボヘミアンラプソディー

話題の映画、ボヘミアンラプソディーをみました。

Queenの曲を聞いたことはありますが

人気絶頂の頃はよく知らず、上の世代に流行ったイメージでした。

次々と斬新なヒット曲を作る過程や、成功の裏の葛藤、

最後のライブエイドの圧倒的なパフォーマンスは、

息つく暇もないくらいで、予想以上に面白かったです。

ブライアンメイ、そっくりすぎ!

 

後半、フレディが同性愛をマスコミから詰問されたり、

エイズに蝕まれていく様子が印象的でした。

フレディが亡くなったのは1991年でした。

当時はHIV感染者は同性愛や薬物使用者に多く、

AIDSを発症し死に至る病いと恐れられていました。

 

その後、次々と抗ウィルス薬が開発され、

感染してもAIDSを発症することなくコントロールできる病気と変わっていきました。

 

1998年、私は一か月ほどニューヨークのマウントサイナイ病院の感染症科で研修をしました。

病棟ではAIDSの患者さんも多数いましたが、

画期的な新薬Crixivanの登場でHIV感染の脅威が薄らぎ始めた印象がありました。

街角の看板や新聞広告にまで、Crixivanの宣伝があった事に驚いたものです。

その薬も、次々と登場した新薬の影で、現在は販売が終了しています。

 

もしフレディの病気があと10年遅かったら、

彼はAIDSで命を落とす事なく、今頃はまだ現役のスターであり続けたのかもしれません。

 

12月 14, 2018

2019スギ花粉予報

先週から冬の寒さが深まってきました。

12月に入って、早くもスギ花粉症の患者さんも見られます。

2019年のスギ花粉は例年並みで、非常に花粉飛散量が多かった去年の半分ほどのようです。

スギ花粉は地域差があり、山林にスギがほとんどない北海道ではスギの花粉症はないといいます。

都内でも、東京西部の青梅や八王子付近はにスギ花粉の飛散量が多いといわれています。

外国ではスギ花粉は少ないようですが、スギ以外の花粉がアレルゲンになることはあります。

スギ、イネ科、ブタクサは日本でも春と秋の花粉症の原因ですが、世界三大花粉症と呼ばれています。

スギのない北米はブタクサ、ヨーロッパではイネ科植物で花粉症になる可能性があります。

 

自分がどの花粉症か知るために、アレルギーの原因をしらべる抗体検査が重要です。

当院ではお子様でもできる指先採血のイムノキャップラピッド、

通常の採血で39種類のアレルゲンをしらべる、VIEW39抗体検査を行っています。

11月 30, 2018

紅葉の夜

荻窪にある太田黒公園で紅葉のライトアップを見ました。

今年は暖冬なのか紅葉はまだ完全ではなく、

枝には赤黄緑の葉が混ざっています。

1AC2DD75-A984-40E0-8962-AE51153824B1

昼間は鯉が泳ぐ池にライトに反射した紅葉が映り込み、

池深く吸い込まれそうな独特の景色。

 

夜のひと時、

紅葉の下でソプラノ歌手のミニコンサートが開催されていました。

日本語の童謡2曲。

イタリア語のオペラの歌に続いて、

私の好きな「Time to say good bye」。

幻想的な景色の中で久しぶりに良い体験が出来ました。

11月 22, 2018

コンタクトによる眼障害

オルソケラトロジーの定額制プラン(定額制についてはこちらまで

契約中は1年ごとにレンズ交換ができるため、

清潔なレンズを安心して使用できることが最大のメリットです。

 

西東京眼科フォーラムで「杏林アイセンターの感染性角膜炎の現状」の演題を聞いて、

ますますコンタクトケアの重要性を実感しました。

 

杏林アイセンターの感染性角膜炎のうち、若年者の多くはコンタクト関連のもの。

起炎菌をコンタクトの種類ごとにみると、1日使い捨てレンズの使用者でも

水道水など通常は起炎菌とならないようなアメーバも多くみられたそうです。

アメーバによる感染性角膜炎は重症で、なおっても視力障害が残ることがあります。

1日使い捨てレンズが、使い捨てでなく使いまわされている現状がみえました。

 

ネット販売からドラッグストアや雑貨店まで、度数ありコンタクトレンズが販売されていますが、

適切にケアや検診をうけないと取り返しのつかない結果となることがあります。

 

症例提示では、当院から紹介したような20歳代のコンタクト使用による感染性角膜炎の例が提示されていました。

見るからに緑膿菌による感染が急に悪化して杏林に紹介したのですが、

紹介翌日に急激に悪化し、角膜瘢痕を残して何とか視力回復したとの結果でした。

12歳のオルソケラトロジー使用者のアメーバ感染性角膜炎の例も提示されており、

当院でも注意して治療しなければと気を引き締める思いでした。

 

 

 

11月 6, 2018

金沢秋旅

文化の日の連休に、金沢で開催された日本眼腫瘍学会に参加しました。

神経眼科領域の中でも、さらにマニアックな内容で、

こじんまりした学会でした。

IgG4関連疾患や、血管腫の話が勉強になりました。

 

石川県は私の母の出身地で、

小さい頃から1日がかりで行った記憶しかなかったのですが、

初めて乗る北陸新幹線の都内から3時間ほどで到着するアクセスの良さに驚きました。

「弁当忘れても傘忘れるな」と言われる金沢では珍しく、

初日は降水確率ゼロの澄み切った晴天。

兼六園の雪吊りも青空に映えます。

008120F1-1C4D-4C7F-8F0B-5BA0C70F7876

翌日は一転して小雨と曇天。

初めて訪れた、鈴木大拙館が素晴らしかったです。

 

谷口吉生建築の傑作。

静寂に包まれた水面。

時たま現れる波紋がまるで枯山水の模様のよう。

瞑想する部屋から外を眺めると、

自分の中に内なる静寂を感じます。

0A5EE395-5E73-4DEE-A03D-4A9DEDFF85C1

ものとしての展示はほとんどない場所ですが、

声高ではなく禅の世界を堪能できます。

 

建物裏から続く紅葉の散歩道も楽しく、

県立美術館内にある辻口博啓さんのお店 ル ミュゼ ドゥ アッシュで、

日本茶とスイーツコースも満喫できました。

玉露から始まり、一皿目はフルーツデザート盛り合わせ。

メインは能登栗のモンブラン。

メレンゲを割るとカシスの爽やかさがひろがり、

自分で煎じたばかりのほうじ茶と頂きました。

FB56A432-9DAB-4F0F-946A-A5E51D86354A

 

 

9月 28, 2018

月は遠きにありて思うもの

アメリカのベンチャー、スペースx社が史上初の月旅行として、

ZOZO TOWNの前澤社長と契約したというニュースが話題です。

前澤社長といえば、プライベートからゾゾスーツに至るまでなにかと話題の方ですが、

月旅行にはアーティストを招待する予定だそうです。

自家用ジェットで世界を飛び回るのが普通の方には、地球はもはや狭いのかもしれません。

無重力空間では食事から排泄に至るまで何でもふわふわ浮いてしまい、

地球上とは異なりなかなか不便そうです。

お台場の未来館にある国際宇宙ステーションの模型でも、

宇宙用トイレが特別異彩を放っていて、宇宙は不便だなと思っていましたが、

そんな小さいことは意に介せず、ぜひ月旅行を楽しんでほしいものです。

 

8月 19, 2018

ぜんぶ、青い

定番になりつつある夏のハワイ

今回はオアフ島に戻ってきました。

73FDBDF7-29FF-43DD-A417-9146A77FC8E5

レンタカーで島内を巡り、マーケットで買い物したり、島の東側のカイルアのビーチで泳いだり。

右車線の赤信号右折ルールにも慣れてローカル気分♫

 

今回もダイビングを2本。

2年ぶりのリフレッシュなので前回と同じく、

ワイキキ沖の沈船シータイガーと、亀の集まるタートルロック。

亀もサメも見ました!

固有種の水玉フグもかわいい。

082D987D-B4C4-4F27-80AB-4A6E95DFB740

 

ダイビングボート上から見たダイアモンドヘッド。

吹き上げる風に、流れるような雲が爽快。

海からみるオアフ島は自然の恵みにあふれている事を実感します。

ワイキキ沖の海上に戯れるイルカの群れにも遭遇しました

1BBF3A1D-EB60-4236-85D3-0F82012B6AE3

数分ごとに色を変え、サンセットの色に染まるビーチ。

太陽は明日の日本に向かって沈んで行く。

7DA10C68-DC47-48FA-AA16-7BC04098CD63

帰りの機内で、機長から左に注目のアナウンスあり。

絶海の孤島、ミッドウェー環礁を見ました。

なんてすごい青!

現在は米軍施設のみで一般人は立ち入り禁止だそうですが、

以前はgoogleストリートビューまで撮影されたというから驚きです。

 

8月 6, 2018

映画の生まれる場所

近くて遠い場所、ジブリ美術館に行きました!

543B01E2-834B-4512-A099-390235913AA0

 

吉祥寺でmanma AIUTOの紙袋を見るたび、

行きたいなぁと思いつつ予約にまでこぎつけなかったのですが、

やっと行けました。

入り口のトトロのステンドグラスから気分は上がります。

吹き抜けの館内には螺旋階段や橋まであって、

迷子になりながらジブリワールドを堪能できます。

1番のお気に入りは「映画の生まれる場所」

映画のアイデアが生まれるガラクタのような宝物であふれた創作部屋が、

ワクワクしながら想像を膨らませて絵を描いた時間を思い起こしました。

チビた鉛筆でいっぱいのガラス瓶がオブジェのようで、

私もチビ鉛筆は捨てずにコレクションすることにしました。

 

おみやげにジブリ飴のつかみ取り!

418CC9AF-7CBE-4441-9A32-B1AFE7068712

7月 27, 2018

日本人は平たい目族?

海の日の連休に新宿で開催されたフォーサム(眼感染症、眼炎症、コンタクトレンズ、涙道の合同学会)に参加しました。

 

感染やコンタクト、涙道関係を見て回りました。

調節や屈折のセッションで面白い話がありました。

戦後の栄養状態の改善により日本人の体格が変化していきましたが、

日本人の眼のかたちも世代間で変化がみられるそうです。

imagesWE17WPUP

若年世代ほど、角膜(黒目)の形はフラットに(平たく)、反対に眼軸(目の長さ)は伸びる傾向にあり、

この傾向は50年代から70年代生まれにかけて顕著であったそうです。

角膜がフラットになると遠視化を意味しますが、

眼軸がのびて近視化する分がこれをうわまわるため、全体として近視化しているそうです。

体は細身で手足が長く長身になったのと同じなのでしょうか?

 

日本人は白人と比べてフラットな目だというデータが以前からありますが、

映画『テルマエ・ロマエ』でいわれた「平たい顔族」だけではなく、

「平たい目族」でもあるようです。