新しいマイオピン アトロピン0.025%点眼を処方開始

子供の近視進行抑制のためのマイオピン点眼に、高濃度タイプのアトロピン0.025%配合点眼の取り扱いを始めました。

アトロピン0.01%配合点眼 3,300円

アトロピン0.025%配合点眼 3,850円

2012年の研究(ATOM2 study)では、近視抑制効果と副作用やリバウンドの有無の点から0.01%アトロピン点眼が効果的とされました。2019年の研究(LAMP study)ではアトロピン濃度の検証がされ、高濃度の点眼の方が近視進行抑制効果は高いことがわかりました。この研究をもとに2021年に0.025%アトロピン点眼が発売されました。

アトロピン点眼は高濃度であるほど、まぶしさや調節力低下の副作用が出るため、 初めてマイオピン点眼を使う場合は0.01%を処方します。半年から1年の経過で近視進行速度が速い場合は、より効果の高い0.025%に切り替えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です