緑内障は日本人の失明原因の第一位で、
早期発見と早期治療が必要な病気です。

緑内障の症状・診断・治療

緑内障の視野緑内障は日本人の失明原因の第一位の病気で、40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障にかかっているという調査結果(多治見スタディ)があり、早期発見と早期治療が必要な病気です。

しかし日本人の7割が正常眼圧緑内障といって、眼圧は正常であっても視神経が徐々にダメージを受け、加齢と共に視野異常を認めるタイプです。緑内障の視野異常は、かなり進行しなければ自分で感じにくく、健康診断やコンタクト検診などで眼底の視神経の異常を発見され緑内障の診断に至ることが多くなっています。

また、強い近視ご家族に緑内障の方がいらっしゃる場合は、緑内障になる確率も高くなります。

治療は眼圧を下げることが第一ですが、昔と比べ緑内障点眼薬の進歩はめざましく、多種多様の薬の選択が可能で、眼圧のコントロールも改善されてきました。点眼治療でも眼圧のコントロールが悪い方は、手術の適応となります。

ただし点眼薬や手術などの治療によって病気の進行を遅らせることは出来ても、いったん障害をうけた視神経は回復する事は難しいのが現状です。そのため眼圧を下げる治療を継続することで病気の進行を遅らせ、日常生活に困らない視力や視野を維持し、緑内障とうまく付き合っていくことが大切です。

緑内障の眼底写真近年はOCT(3次元眼底像撮影装置)という検査機器によって、視野異常が出る前の前視野緑内障を検出できるようになり、より早期に緑内障の診断ができるようになりました。緑内障は視神経異常がみられてから、数年のブランクを経て視野異常が発生するといわれています。そのため過去に緑内障を疑われたが視野異常を指摘されなかった方も、加齢と共に緑内障を発症する可能性があります。
検診などで緑内障疑いや視神経乳頭の異常を指摘された方や、ご家族に緑内障歴があり自分も発症しないかご心配な方でも、まず当院にご相談くださればと思います。
ハンフリー視野計など機械での視野検査が苦手という方も、視能訓練士(ORT)がお声掛けしながら、ゴールドマン視野計という手動の視野計を用いることで正確な検査を行うことができます。