甲状腺眼症研究会

前勤務先の、オリンピア眼科病院主催の甲状腺眼症研究会に出席しました。

甲状腺はのどの前にある甲状腺ホルモン(自律神経系に働くホルモン)をつくる器官ですが、

甲状腺に対する免疫異常であるバセドウ病や橋本病では、目にも症状が出る場合があり、

目が出たり腫れたり見えずらくなるなどの症状が出ます。

 

今回は「小児のバセドウ眼症」いうタイトルでの講演でした。

私も以前、全年齢のバセドウ眼症の中で、特に高齢者の特徴について検討した学会発表をしましたが、

典型的なバセドウ病である20-40歳代と異なり小児や高齢者では症状に差があります。

 

発表の中でちょっと興味深い話がありました。

小児のバセドウ眼症では眼球突出が目立つことが多いのですが、

治療経過とともに突出が目立たなくなる傾向があるそうです。

子供の目は、角膜(黒目)のサイズの成長はわずかなのに、

目の開き具合が縦よりも横により広がるため、成長と共に目が細くなって見えるそうです。

そのため眼球突出のぎょろっとした目が目立たなくなるようです。

子供の目がみんなまん丸でつぶらに見えるのは、こんな理由があったんですね!

「甲状腺眼症研究会2016」はこちらまで → https://www.mitaka-eye.com/blog/1388/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です