角膜を調べる機器、スペキュラー導入しました

長期間のコンタクトレンズ装用や、目の手術やレーザーによって、角膜(黒目)の内側の細胞が減少することがあります。角膜内皮細胞は減少すると再生することがないので、極端に細胞がへると角膜が濁り戻らなくなることがあります。

安全にコンタクトレンズやオルソケラトロジーを使っていただくために、角膜内皮細胞数をしらべるスペキュラーマイクロスコープという機器を導入しました。

IMG_1683

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です