金沢秋旅

文化の日の連休に、金沢で開催された日本眼腫瘍学会に参加しました。

神経眼科領域の中でも、さらにマニアックな内容で、

こじんまりした学会でした。

IgG4関連疾患や、血管腫の話が勉強になりました。

 

石川県は私の母の出身地で、

小さい頃から1日がかりで行った記憶しかなかったのですが、

初めて乗る北陸新幹線の都内から3時間ほどで到着するアクセスの良さに驚きました。

「弁当忘れても傘忘れるな」と言われる金沢では珍しく、

初日は降水確率ゼロの澄み切った晴天。

兼六園の雪吊りも青空に映えます。

008120F1-1C4D-4C7F-8F0B-5BA0C70F7876

翌日は一転して小雨と曇天。

初めて訪れた、鈴木大拙館が素晴らしかったです。

 

谷口吉生建築の傑作。

静寂に包まれた水面。

時たま現れる波紋がまるで枯山水の模様のよう。

瞑想する部屋から外を眺めると、

自分の中に内なる静寂を感じます。

0A5EE395-5E73-4DEE-A03D-4A9DEDFF85C1

ものとしての展示はほとんどない場所ですが、

声高ではなく禅の世界を堪能できます。

 

建物裏から続く紅葉の散歩道も楽しく、

県立美術館内にある辻口博啓さんのお店 ル ミュゼ ドゥ アッシュで、

日本茶とスイーツコースも満喫できました。

玉露から始まり、一皿目はフルーツデザート盛り合わせ。

メインは能登栗のモンブラン。

メレンゲを割るとカシスの爽やかさがひろがり、

自分で煎じたばかりのほうじ茶と頂きました。

FB56A432-9DAB-4F0F-946A-A5E51D86354A

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です