宇宙兄弟

金井宇宙飛行士が宇宙に飛び立ちました。

医師でもある金井さんがインタビューで、

宇宙では近視が治るので楽しみとコメントされていましたが、

宇宙では重力の影響で視神経が腫れたり、

眼球が変形して、一過性に近視が治るそうです。

無重力状態では体の上のほうに水分がたまりやすくなり、

脳や神経を包み込むクモ膜下腔の液体が増えるそう。

眼球の後ろの脈絡膜は血流が豊富な組織のためは腫れて肥厚し、

眼球がが平たくなり近視が改善するそう。

詳細はこちらまで

脈絡膜の肥厚とは、近視抑制のアトロピン点眼と同じ作用機序ですが、

宇宙にずっといると近視進行抑制にもなるんでしょうか?

地上の眼球

地上の眼球

 

宇宙の眼球。視神経の周りの液が溜まり、眼球が変形する

宇宙の眼球。視神経の周りの液が溜まり、眼球が変形する

だだしこの絵、眼科医的には怖すぎます。

絶対目には悪そうです。

無重力って、やはり地球人向きの環境ではないんですね。

金井宇宙飛行士、半年間頑張って下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です