フィギュア☆シーズン

注目のフィギュアスケート・グランプリファイナル。

この時期になると急きょフィギュアファンになってしまって、

昨日もテレビにくぎ付けでした。

 

10年前のトリノオリンピックでの、荒川静香さんの金メダル。

その後のテレビ番組で、

荒川さんのプログラム構成こそが、

金メダルを取るべく細部の加点まで非常に練られたもので、

フィギュアスケートがとても戦略的なスポーツであると知り、

その奥深さに驚いたものです。

 

その後も3回転から4回転ジャンプへと、

年を追うごとに進化する厳しい世界。

フィギュアスケートが華やかさだけでない

スポーツである限り、

常に技術は進歩し挑戦し続けなくてはならないのです。

 

わずか5分に満たない時間に、

技術や思い、すべてを凝縮するのがいかに困難か。

本当に画面の中でさえ、緊張感に見ていてひりひりします。

 

羽生選手のコメント。

4度目の栄冠にも関わらず

自分への厳しい評価、あくなき向上心に脱帽です。

自分はもう、こんな風には出来ないなあ。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です