ボトックス知っています?

春の爽やかさが感じられない、雨続きの4月ですね☂

 

4月より、出身校である慈恵医大病院(港区 西新橋)の神経眼科外来(第2・3水曜午後)で非常勤医師として勤務も始めました。

メインは眼瞼けいれんと片側顔面けいれんに対するボトックス注射です。

 

眼瞼けいれんとは、瞬きをする目の周りの筋肉がうまく動かず、まぶしい、目が開けられない、目が乾くなどの症状がでます。瞬きの異常だと自覚しにくく適切な診断がされずにいることもあります。

片側顔面けいれんは、顔面の片側の目周りや頬、口角にぴくぴくとけいれんが起きる病気です。

いずれの病気も根治治療は難しく、症状を和らげるためにボトックス注射を行います。

ボトックス注射は、自然毒で最強のボツリヌス毒素を医療用に精製し、ごく低濃度にして注射をすることで筋肉を麻痺させ、筋肉の異常な動きを抑える治療です。美容外科でのしわ取りにも使用されています。

 

病気の詳細は次のページをご覧ください→  http://btx-a.jp/kao/index.html

けいれん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です