コロナ時代の眼鏡選び

5年ぶりに眼鏡を新調しました。

今までワンデイのコンタクトレンズを愛用していましたが、コロナをきっかけに眼鏡メインにしました。

普段の診療時はゴーグル代わりにJINSの度付き花粉眼鏡にしていました。コロナ以後の新しい日常には、診察時の眼鏡は必須アイテムとなるでしょう

パソコンのモニターが疲れるので一段度を落として使っていましたが、普段使いの眼鏡も替え時かと思い、久しぶりに新しくしました。

最近はフレームが大きめのクラシックな形が流行りなので、大きめのフレームのものが良いかと色々試し。

EYEVANの眼鏡に決定しました。

近視の人に多い傾向ですが、20歳台より度数がマイナス1Dも落ちています。

いかに若い時は調節力が強かったのかと実感。(調節力とはピント合わせをする目の筋力の事。落ちてくるのが、いわゆる老眼です。)

大きめのフレームは飛沫のガードにもなるし、

日本製品の購入で日本を応援!

コロナ時代の新しい日常には合っているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です