ウィズコロナ時代の目のケア

非常事態宣言の時に感じた差し迫った危機感が薄れてきた昨今。

新型コロナウィルス感染者の増加傾向から、

第二波も懸念されます。

ウィルスのパンデミックが世界の日常を変えたように、

改めてウィズコロナ時代の、新しい日常を考えているところです。

食事前や帰宅後の手洗いの大切さ、

マスクによって飛沫を人に浴びせない事、

基本的な清潔習慣の大切さを改めて感じました。

 

コンタクトレンズや化粧など、目の近くを触る前に手洗いをする。

充血や目やにが出る時は、タオルなど手を触るものは共有しないこと。

今まで結膜炎の方にしていた指導や注意が、改めて大切であると感じます。

コンタクトレンズは目に直接触れるため、

感染の心配のある方は、コンタクトレンズは中止し目の保護のために眼鏡が良いでしょう。

コンタクトレンズを使用する場合も、なるべく使い捨てできるワンデーにする。

二週間ソフトレンズやハードレンズなどケアが必要なものを使用する場合は、

ウィルスに対しても効果があるケア用品が勧められます。

ポピヨンヨード入りのケア用品 クリアデュー

当院では以前からポピヨンヨード入りのコンタクトレンズケア用品を推奨してきましたが、

ポピヨンヨードのウィルスへの消毒効果も確認されているようです。

ヨード入りのケア用品を、販売だけでなく院内のレンズケアにも取り入れる事にしました。

ウィズコロナの時代。

基本的な清潔習慣と、エビデンスのある衛生管理がますます重要になっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です