禍福はあざなえる縄の如し

ドラマ「トットちゃん」が終わりました。

後半は黒柳徹子さんの秘められた恋話で、

昼ドラっぽいエンディングでしたが、

原作本で有名なトモエ学園のエピソードから、

戦後日本の復興と共にあったテレビの舞台裏や様々な交友録、

面白く見ていました!

窓ぎわのトットちゃん、たしか中学生くらいの頃に読んだ記憶がありますが、

校長先生の「きみは本当は良い子なんだよ」って言葉と、

いわさきちひろさんの優しい挿絵が印象に残っています。

 

ドラマでは、向田邦子さんの言葉。

「禍福は糾(あざな)える縄の如し」

「人生は幸福と不幸の、2つの縄が寄り合わさって出来ているのよ」

実に含蓄に富んだセリフ。

対する徹子さんの

「私は幸せ2本の縄で出来た人生が良い」

ってセリフ、天真爛漫で素敵!

 

来年には平成が30年で終わろうとしています。

禍福は糾える縄の如し。

幸も不幸もあり、最後は良い締めくくりとなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です