糖尿病網膜症の七不思議

大阪医大眼科教授 池田恒彦先生の講演を聞いてきました。

「糖尿病網膜症の七不思議」

当院近辺の患者さんは糖尿病のコントロールが良いのか、

進行した糖尿病網膜症をみる機会はめっきり減っていましたが、

今でも日本人中高年期の失明原因では第一位の病気です。

 

昔、手術してもレーザーしてもどんどん悪くなる人から、

悪そうなのにど真ん中の黄斑部はきれいで、いつまでも視力が良い人まで。

予後の決め手となる黄斑症には、なぜ個人差があるんだろうと思ったものです。

眼科医なら誰もがぼんやりと感じるそんな疑問を

きちんと科学的に突き止めていく姿勢がすごい!

 

糖尿病黄斑症では白斑というしみができ、

これが黄斑部にたまってしまうと視力がもどらなくなります。

中心窩(ど真ん中)の周りにたまったシミが、なぜかだんだん中心に引き寄せられ、

何で移動するのーと思ったことはしばしばありました。

approach02

白いシミ(白斑)は中心(黄斑)にたまりやすい。

このシミがどうして黄斑に溜まるのか、なんで白斑が円状に広がるのかなんて

ちゃんと考えたこともありませんでした。

 

幹細胞は陥凹した低酸素のところにあるという性質があり、

くぼんだ黄斑部には幹細胞があるのではあるのでないか。

幹細胞はヒアルロン酸を多く産生するため、

ヒアルロン酸の、水を保持しつつ脂質を引き込む性質のため、

黄斑部に硬性白斑が沈着しやすいのではないかとの事でした。

 

黄斑と幹細胞は、加齢黄斑変性症への世界初の幹細胞移植で有名ですが、

もともと幹細胞があるかもしれないなんて、

何だか夢のある話だと思いました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です