冬にはプラグで潤いを

インフルエンザが猛威を振るっています。

今週は当院近くの小学校も学級閉鎖が出ていました。

ワクチンをしてもかかる事あるので、気は抜けません。

 

日本海側の大雪警報と裏腹に、

関東平野は空っ風。 乾燥で毎日からからです。

 

乾きすぎの目には目薬以外にも、

涙点プラグ挿入術という治療があります。

涙の出口である涙点を塞ぐ治療で、

点眼しても乾いて困る、ごろごろが治らないという方には

おススメの治療法です。

やり方はベットに横になり、5分程の外来手術です。

痛みはほとんどありません。

プラグ

涙点は右左それぞれに上下二か所あり、

片方か両方とも塞ぐかはドライアイの程度で決めます。

費用は保険3割の方で、1涙点塞ぐときは3220円、

2涙点塞ぐときは4540円になります

いれるプラグには2種類あり、

いれたままで効果が持続するシリコン製 か、

数ヶ月だけ効果がでるコラーゲンゲル製 があります。

角膜の傷が多い方はシリコン、

傷はないけど冬だけ潤いが欲しい方のはコラーゲン、

が良いようです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です