iPS移植手術

東京都眼科医会の講演会で、2014年9月に世界初のiPS移植手術を行った、神戸市立医療センター中央市民病院の栗本康夫先生のお話しを伺う機会がありました。

STAP細胞問題で逆風が吹く中で行われた手術は、将来につながる治療法として画期的であるとともに、眼科医としても誇らしいものでした。実際どうやるのだろうと以前から興味がありましたが、講演では手術手技の実際や、実施に至るまでの紆余曲折、現在の経過や今後の展望を解説され、患者さんを救いたいという熱意を感じるお話しでした。

すごいなと思ったのは、移植シートを入れる器具が医療器具として認可されたものである必要があり、新しい器具の認可を待っていては手術に間に合わないため、サーフロー(点滴で使う注射針の外筒)を工夫して使ったというお話しでした。

「下町ロケット ガウディ計画」みたい!と思ったのは私だけでしょうか。。

中央に黒く見えるのが移植されたiPS細胞のシート

中央に黒く見えるのが移植されたiPS細胞のシート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です