三鷹市の眼科三鷹台眼科オルソケラトロジー
オルソケラトロジーとは
オルソケラトロジーレンズ
オルソケラトロジーとは、
寝ている間に特殊なハードコンタクトレンズを装用することで、角膜の形状を変化させ、
朝レンズを外しても昼間は裸眼で過ごすことが出来る新しい近視矯正法です。
このような方に適しています!
  • 激しいスポーツなどでコンタクトレンズが使用できない方
  • レーシックなどの手術による近視治療に抵抗がある方

また最近では、オルソケラトロジーによる小児への近視進行抑制の効果も注目されています。

オルソケラトロジーの仕組み
寝ている間に特殊なハードコンタクトレンズを装用することで、角膜の形状を変化させ、朝レンズを外しても昼間は裸眼で過ごすことが出来る新しい近視矯正法
オルソケラトロジーレンズを就眠中に装着することで、黒目の表面(角膜上皮)が平らに変化し近視の度数を減らすことが出来ます。角膜上皮は再生する力が強いため、レンズを外すと角膜の形は徐々に元に戻ります。ただし夜間装用を連続して行うことで、角膜上皮の形状は「くせづけ」され、レンズをはずした昼間でも角膜の形状が元に戻りにくくなり、良好な裸眼視力を維持することが出来ます。
角膜上皮を変化させる効果は、角膜が柔らかい若年者ほど強いため、近視矯正の効果は若い方ほど強く出ます。また角膜上皮の変化には限界もあるため、中程度の近視(度数が-4D程度まで。裸眼視力で0.1程度の方)の方が最も良い適応です
左図:近視のため網膜に結像せず、ぼやけて見える状態。中央図:特殊形状の「オルソK」レンズを装用することで、角膜が平らに変化し網膜上で結像するため、近視が減り見えるようになる。
国産レンズ「オルソ-K」を使用
「オルソK」は日本で初めて認可を受けたオルソケラトロジーレンズです。
オルソKレンズ

治療にはアルファコーポレーションの「オルソK」を使用しています。
オルソKは、2009年に日本で初めて認可を受けたオルソケラトロジーレンズであり、すべてが日本国内で生産されています。またレンズ処方は講習会を終了した眼科専門医に限定されており、出荷したレンズは厳密に管理されているため安心です。

オルソケラトロジー3大メリット
手ごろな値段から試したいという方のために!3ヶ月お試し価格 両目40,000円片目30,000円
(1) 手術が不要
就寝時にレンズを装着するだけで視力が改善されます。
(2) 日中裸眼で生活できる
レンズ装着は就寝時だけなので日中は裸眼で過ごせます。
(3) 可逆性(元の状態に戻せる)
レンズの装着を中止すれば、一定期間で元の状態に戻すことが出来、眼鏡・コンタクト使用に切り替えが可能です。
オルソケラトロジーレンズによる治療スケジュール
適応検査
治療の適応があるか詳細な検査を行います。
使用中のコンタクトレンズは一定期間の中止が必要です。
②トライアルレンズの装着
適応検査に問題がなければ、トライアルレンズを装用いただきます。
装用可能であれば、ご自身に最適なレンズを特別注文いたします。
③レンズの注文
注文いただいたレンズをお渡しし、治療を開始します。
④レンズの受け取り
以後は決められた間隔で定期検診を受けてください。
オルソケラトロジーレンズ治療費用
手ごろな値段から試したいという方のために!3ヶ月お試し価格 両目40,000円片目30,000円
※料金は税別です。
※事前に適応検査が必要です。
※料金には3か月間のレンズ作成料・レンズ使用料・定期検診料が含まれます。
※3か月お試し期間後は、差額をお支払いいただきます。
治療料金 (※料金は税別です)
治療は保険対象外であり、自費診療になります。
 
適応検査(予約制) 5,000円
年額制 (手ごろな値段から試したい方向き)

3か月お試し
両眼 40,000円
片眼 30,000円

初年度の3-12か月分
両眼 120,000円
片眼 90,000円

2年目以降 年額
両眼 50,000円
片眼 40,000円
※レンズは約2年で交換となり、レンズ1枚30,000円の費用が発生します。
定額制 (毎月払いで、きれいなレンズを安心して使いたい方向き)

月額レンズ代金
両眼 6,000円
片眼 3,000円

初期費用(3か月までの検査含む)
60,000円

定期検査代(3か月ごと) 
4,000円

※度数交換や破損時のの再作成、1年ごとのレンズ再作成は無料です。
Q&A
Q 1.
誰でもできますか?
A 1.
中程度の近視(度数が-4D程度まで。裸眼視力で0.1程度の方)で、特定の眼疾患がない方が対象です。希望の方は適応検査を受けていただき、治療ができるか確認します。
Q 2.
近視が治りますか?
A 2.
オルソケラトロジーは手術と違い、近視がなくなり治る訳ではありません。
レンズを夜間装用することで角膜上皮が変形し、近視の度を一過性に減らせますが、レンズ使用を中止することで近視は元に戻ります。ただし連日の夜間装用によって、角膜の変形がくせづけされ、近視の戻りが出づらくなり昼間は裸眼で快適に過ごせるようになります。
レンズ使用を中止すれば、目は元の状態に戻るため、手術に抵抗がある方にも安心です。
Q 3.
どれくらいの視力がでますか?
A 3.
矯正できる裸眼視力には個人差がありますが、8割の方に良好な視力(0.7から1.0以上)がでたとのデータがあります。
Q 4.
ずっと検診を受ける必要がありますか?
A 4.
オルソケラトロジーは視力が安定してからも、合併症を防ぐために必ず定期検診を受けていただきます。
治療中止の際は、レンズを返却いただきます。
Q 5.
オルソケラトロジーで近視進行を抑制できますか?
A 5.
小児である程度の近視進行を抑制できたとのデータがあります。