月別アーカイブ

12月 27, 2018

ボヘミアンラプソディー

話題の映画、ボヘミアンラプソディーをみました。

Queenの曲を聞いたことはありますが

人気絶頂の頃はよく知らず、上の世代に流行ったイメージでした。

次々と斬新なヒット曲を作る過程や、成功の裏の葛藤、

最後のライブエイドの圧倒的なパフォーマンスは、

息つく暇もないくらいで、予想以上に面白かったです。

ブライアンメイ、そっくりすぎ!

 

後半、フレディが同性愛をマスコミから詰問されたり、

エイズに蝕まれていく様子が印象的でした。

フレディが亡くなったのは1991年でした。

当時はHIV感染者は同性愛や薬物使用者に多く、

AIDSを発症し死に至る病いと恐れられていました。

 

その後、次々と抗ウィルス薬が開発され、

感染してもAIDSを発症することなくコントロールできる病気と変わっていきました。

 

1998年、私は一か月ほどニューヨークのマウントサイナイ病院の感染症科で研修をしました。

病棟ではAIDSの患者さんも多数いましたが、

画期的な新薬Crixivanの登場でHIV感染の脅威が薄らぎ始めた印象がありました。

街角の看板や新聞広告にまで、Crixivanの宣伝があった事に驚いたものです。

その薬も、次々と登場した新薬の影で、現在は販売が終了しています。

 

もしフレディの病気があと10年遅かったら、

彼はAIDSで命を落とす事なく、今頃はまだ現役のスターであり続けたのかもしれません。

 

12月 14, 2018

2019スギ花粉予報

先週から冬の寒さが深まってきました。

12月に入って、早くもスギ花粉症の患者さんも見られます。

2019年のスギ花粉は例年並みで、非常に花粉飛散量が多かった去年の半分ほどのようです。

スギ花粉は地域差があり、山林にスギがほとんどない北海道ではスギの花粉症はないといいます。

都内でも、東京西部の青梅や八王子付近はにスギ花粉の飛散量が多いといわれています。

外国ではスギ花粉は少ないようですが、スギ以外の花粉がアレルゲンになることはあります。

スギ、イネ科、ブタクサは日本でも春と秋の花粉症の原因ですが、世界三大花粉症と呼ばれています。

スギのない北米はブタクサ、ヨーロッパではイネ科植物で花粉症になる可能性があります。

 

自分がどの花粉症か知るために、アレルギーの原因をしらべる抗体検査が重要です。

当院ではお子様でもできる指先採血のイムノキャップラピッド、

通常の採血で39種類のアレルゲンをしらべる、VIEW39抗体検査を行っています。