月別アーカイブ

12月 22, 2016

☆メリクリ☆

もうすぐクリスマス!

今年は23日の天皇誕生日と合わせて3連休ですので、

お出かけされる方も多いのでは?

IMG_1060

吉祥寺でクリスマス発見!

天皇誕生日、略して「てんたん」。

海外にある外務省在外公館にとっては、

最も大切なレセプションの日です。

他の国が最も大切なナショナルデーとして

独立記念日を設定している中、

これといった記念日がないのはちょっと不思議な気がします。

IMG_3310

お菓子の家は永遠の憧れ。。

 

 

 

 

12月 13, 2016

酵母の恵み

ノーベル賞授賞式が行われました。

大隅教授の「オートファジー」と

ボブ・ディランの授賞式欠席が話題でしたが、

何はともあれ素晴らしいこと。

 

大隅教授は「酵母の恵」としてお酒を上げていましたが、

酵母のおかげで、私の手作り味噌も良い感じにできました!

IMG_3307

6kgも作りました!

 

今年の1月に仕込んで、はや11ヶ月。

結構簡単にできておいしいので、すっかり定番です。

 

12月 12, 2016

フィギュア☆シーズン

注目のフィギュアスケート・グランプリファイナル。

この時期になると急きょフィギュアファンになってしまって、

昨日もテレビにくぎ付けでした。

 

10年前のトリノオリンピックでの、荒川静香さんの金メダル。

その後のテレビ番組で、

荒川さんのプログラム構成こそが、

金メダルを取るべく細部の加点まで非常に練られたもので、

フィギュアスケートがとても戦略的なスポーツであると知り、

その奥深さに驚いたものです。

 

その後も3回転から4回転ジャンプへと、

年を追うごとに進化する厳しい世界。

フィギュアスケートが華やかさだけでない

スポーツである限り、

常に技術は進歩し挑戦し続けなくてはならないのです。

 

わずか5分に満たない時間に、

技術や思い、すべてを凝縮するのがいかに困難か。

本当に画面の中でさえ、緊張感に見ていてひりひりします。

 

羽生選手のコメント。

4度目の栄冠にも関わらず

自分への厳しい評価、あくなき向上心に脱帽です。

自分はもう、こんな風には出来ないなあ。。

 

 

12月 6, 2016

網膜硝子体学会2016

網膜硝子体学会に参加しました。

 

手術とは縁遠くなり、すっかり門外漢の分野。

網膜硝子体は目の底(眼底)の病気についての分野で、

眼科の中でも器械や薬剤の進歩が著しい領域です。

注目の機器、オプトスCalifornia をチェック。

imgmain_california

結構キュートな外観。値段はゼロが7個つきます。

以前からあった頭でっかちのオプトスに比べ、コンパクトなサイズ感。

台にちょこんと載ったデザインもきれいだけど、

見た目以上にすばらしい機能!

以前の眼底検査は、散瞳剤を点眼して、目をぐるりと動かし

まぶしさを我慢して撮ったものですが。。

穴をのぞくだけで、網膜の大部分を楽に撮影できるのはすごいの一言。

眼科医の診察技術はどんどんいらなくなるなあと、

機械に負けた感も否めません。

 

この機械。

開発者が、自分の息子が眼科に受診していたにも関わらず

網膜剥離を発見されず治療が必要になったことをきっかけに、

検査が難しい子供でも負担なく眼底検査ができるようにと

全くこの分野には素人だったにも関わらず、

ベンチャーを立ち上げ開発に取り組んだそうです。

 

「ロレンツオのオイル」みたいな話です。

ロレンツオと違うのは、

この機械が本当に眼科診療を大きく進歩させるかもしれないという事。

 

オプトス社は昨年ニコンに買収されましたが、

オプトスの技術と日本の会社の技術が合わさって、

さらに良い物(安い物。。)ができると良いなあ。