月別アーカイブ

10月 27, 2016

近視進行抑制には何が良いのか?

近視進行抑制のための低濃度アトロピン点眼「マイオピン」

処方希望の方が増えてきています。

myopine2

インターネットで調べられるのか、論文を見られているかたもいたのでご紹介します。

http://www.aaojournal.org/article/S0161-6420(11)00685-3/abstract

アトロピン点眼は散瞳剤(瞳孔をひろげる薬)で、

目のピント調節をする筋肉を麻痺させる効果もあります。

この点眼が調節を麻痺させ、近視進行を抑制する効果があるのは以前から知られていましたが、

まぶしいという症状が強くでるため実用には適しませんでした。

近視はアジア人、特に細かい漢字をつかう中華系に多いといわれます。

中華系が多いシンガポールでは近視抑制の関心も強く、

2012年にシンガポール国立アイセンターから、

低濃度に希釈したアトロピン点眼の効果を比較した論文が発表されました。

その結果、0.5%、0.1%、0.01%に希釈した点眼では、

眼軸伸長(目の長さが伸びると近視になる)抑制の変化は差がなく、

0.01%点眼が最も副作用が少ないというものでした。

「マイオピン」はこの発表を根拠に発売されました。

 

別の論文では、近視進行抑制の効果について、

点眼、MCレンズなどの眼鏡、オルソケラトロジー、外遊びなどを比較したものがあります。

この中では、外遊びが一番効果的だったということです。

でもこのご時世、パソコン、スマホなど、近業での目への負荷は避けられません。

大脳刺激にも何にもならないタッチパネルでの作業は、子どもには不向きと信じて疑わない私は、

学校でのタブレット教育なんかは個人的には反対なのですが、

避けられない流れなのでしょう。

昔には戻れないのです。

外遊び、した方が良いのはわかっているけど、しょうがないという場合に、

調節を休め近業での負荷を目に与えにくくするという意味では、

「マイオピン」は比較的トライしやすく有用な治療法だと思います。

 

 

10月 25, 2016

女性リーダー元年?

いよいよアメリカ初の女性大統領誕生まで、あとわずか。

選挙戦後半のトランプ氏失速の報道から、クリントン氏の勝利は間違いないようです。

image

今年はイギリスのメイ首相、台湾の蔡総統と女性リーダーが相次いで誕生しましたが、

ヒラリー・クリントン大統領の誕生はこの流れを決定づけるものです。

 

日本でも小池百合子都知事が誕生。

東京都のもやもやと堆積した問題を明らかにしていく手腕は、

賛否があるものの今までの知事とは異なる、女性ならではの大胆さを感じます。

特にオリンピック問題は、あまりに大きい金額と数々の利権が絡む問題で、

招致決定以後のプラスムードの蔭に、裏ではどう動いているのかよくわからない疑問を明かしてくれるのはさすがです。

自民党の稲田朋美氏も、大臣就任時の富士山ドレスとメガネ女子ぶりが、結構いい感じ。

本当に今年は女性リーダー元年と言えそうです。

 

みんなの「いいね!」を集めなくても、決めるべきところは決めていく姿勢。

リーダーにとっては特に大事だなと感じます。

 

 

10月 11, 2016

10月10日

今年の10月10日は久しぶりの体育の日でした。

ハッピーマンデー導入以降、日にちと記念日が一致することが少なくなりましたが、

本来は1964年に開催された東京オリンピックの開会式が行われた記念日。

さすがに私が生まれる前の出来事ですが、昭和生まれとしては、

やはり10月10日がちゃんとした体育の日である気が未だにします。

今年のリオオリンピック。夏休みと重なってほとんど見なかったのですが、

9月から開始したパラリンピックはニュースにも出ることが多く、みる機会がありました。

障害とひとくくりにはできない、様々な困難を抱えた人々が、懸命にできる限りの力を発揮する姿に、

新鮮な感動と人間の可能性を感じました。

ちなみに10月10日。

目の愛護デーです。

10を2つ横に倒すと、目と眉毛の形だから。。

私にとっては、初めて白内障の手術を執刀した記念日でもあります。

pic_aigo_09