趣味

12月 27, 2018

ボヘミアンラプソディー

話題の映画、ボヘミアンラプソディーをみました。

Queenの曲を聞いたことはありますが

人気絶頂の頃はよく知らず、上の世代に流行ったイメージでした。

次々と斬新なヒット曲を作る過程や、成功の裏の葛藤、

最後のライブエイドの圧倒的なパフォーマンスは、

息つく暇もないくらいで、予想以上に面白かったです。

ブライアンメイ、そっくりすぎ!

 

後半、フレディが同性愛をマスコミから詰問されたり、

エイズに蝕まれていく様子が印象的でした。

フレディが亡くなったのは1991年でした。

当時はHIV感染者は同性愛や薬物使用者に多く、

AIDSを発症し死に至る病いと恐れられていました。

 

その後、次々と抗ウィルス薬が開発され、

感染してもAIDSを発症することなくコントロールできる病気と変わっていきました。

 

1998年、私は一か月ほどニューヨークのマウントサイナイ病院の感染症科で研修をしました。

病棟ではAIDSの患者さんも多数いましたが、

画期的な新薬Crixivanの登場でHIV感染の脅威が薄らぎ始めた印象がありました。

街角の看板や新聞広告にまで、Crixivanの宣伝があった事に驚いたものです。

その薬も、次々と登場した新薬の影で、現在は販売が終了しています。

 

もしフレディの病気があと10年遅かったら、

彼はAIDSで命を落とす事なく、今頃はまだ現役のスターであり続けたのかもしれません。

 

12月 12, 2017

目にうつるすべての事はメッセージ

帝劇ユーミン「朝陽の中で微笑んで」を見ました。

ユーミンは世代的には一回り上で、

よく耳にする曲以外は余り知らなかったのですが、

ミュージカルともコンサートとも違う趣向が

面白そうだなと思って行ってきました。

172081A8-9539-482A-8E01-F8CBA6A92F78

 

500年後の未来。

未来の技術として完成したクローンと、

現在と変わらない人間の愛情や優しさのお話。

 

ストーリーテラーとして所々でユーミンが現れ、歌う。

ミュージカルほど直接的な歌詞ではないため、

却って歌詞のフレーズが意味を与えてくれる感じ。

透明なスクリーンに映し出された映像の演出も面白く、

エンターテイメント性も充分。

 

最後の曲は「優しさに包まれたなら」

アンコールに2回登場し、

最後は「卒業写真」まで歌ってくれた

ユーミンの優しさを感じる舞台でした。

 

 

 

 

12月 1, 2017

世界一美味しい煮卵

「世界一美味しい煮卵の作り方」

というレシピ本にはまっています!

F0A371D6-5A82-4D26-B060-E0B6F81C7ED5

 

卵を熱湯6分、氷水3分。

あとは麺つゆに一晩漬けるだけ。

こんなに簡単にトロトロ煮卵ができるなんて。

81E40023-C7F3-44BE-9FC3-88BD6F74FC54

井の頭通りのラーメン屋、tomboの味玉に匹敵する美味しさ。

他にもアボガドの和え物やタルトタタンも作りましたが、

煮卵がいつ作っても美味で、再現性も◎

夜仕込んで、朝から絶品煮卵を楽しんでいます。

 

3月 1, 2017

絶品トースト

念願のBALMUDA The Toasterが我が家に届きました!

IMG_3870

普通のトースターの5倍くらいお高いトースター。

その実力は??

付属のミニカップで水を給水口に注いで、

タイマースタート。

中に蒸気が広がり、窓がほんわか曇ってきます。

控えめなチンの音で、絶品トーストの出来上がり!

外のカリカリの焦げと

中のふんわり食感は、

確かに今までのトースターとは大違い。

いつもの一本堂のパンがレベルアップしました。

 

パンの表面に水分があると

表面の温度が上がりやすくなり

外がカリカリになるそうです。

確かに霧吹きしてトーストするとおいしいって言いますね。

 

水が通るパイプ以外、変わった感じはしない構造なのに、

実に不思議。

 

朝の楽しみが増えた気分です。

 

11月 17, 2016

三鷹台文庫

院内の雑誌や子供の本、飾りつけ。

すべて自分で選んでいます!

特に子供本は、自分が見て読んで楽しいもの、を基準に本屋で吟味。

小学生に人気の「ゾロリ」と、最近人気の「サバイバル」シリーズは、

面白い新刊が出次第入れていく予定です。

リクエストがあればお声掛けください(^-^)

IMG_3030

雑誌も自分が読む目線で購入しているので、「STORY」とレシピ本は定番で、

ビジネス誌は特集次第。

最近面白かったのは、週刊ダイヤモンドの「コンビニを科学する」特集。

芥川賞の「コンビニ人間」を読みましたが、

コンビニ店員であることが自我をつくるなんて発想、

高校の倫理の授業で他者の存在が自己を形成するなんて習ったことを思い出しました。

コンビニ店員になり切ることで、

異質で世間から外れた自分を、

普通を望む社会に適応させることが出来る。

そんな現代の自我すら作ってしまう、

マニュアルの宝庫といえるコンビニの秘密が垣間見れた特集で面白かったです。

 

 

9月 10, 2016

ダリを巡る旅

来週から新国立美術館で「ダリ展」が開催されます。

 

私とダリの始まりは、1000ピースのパズルだった。

中学くらいの頃、なぜか我が家にパズルの箱があった。

2匹の白い虎が真っ赤なザクロから飛び出し、

その口から吐かれた猟銃は、横たわった裸婦を狙っている。

なんともエキセントリックな絵に惹かれて頑張って組み立てたものの、

結局頓挫してしまったその絵の作者がサルバドール・ダリだった。

 

image

 

パズルを組み立てながら、実に精密に書き込まれたこの絵は、きっととても大きい物に違いないと思っていた。

ところが、

大学の時、病院実習で滞在したNYのメトロポリタン美術館を訪れた際に、

たまたまダリ展が企画展としてやっていた。私は初めてダリの絵画の実物をみた。

どの絵も私の想像よりはるかに小振りなキャンバスに、

どんな細い筆で描いたんだと思うくらい、実に細かく描きこまれていた。

ダリの、不思議さとシュールさに溢れた病的ともいえる絵は、

あっと言う間に私を虜にし、もっとダリを知りたくなった。

そんな訳もあり、長い卒業旅行の目的地は自然とスペインに決まった。

 

列車でイタリアからスペインに入り、初めの滞在地はバルセロナ。

ダリが晩年を過ごしたフィゲラスはここから急行で2時間程。

フィゲラスの街は特段見るものもないような、実に普通の町だった。

駅から少し歩くと、卵のオブジェを頭に乗せた建物に出くわす。ダリ美術館だ。

館内はダリの創作の元ともいえる、不思議さに溢れた場所だった。

夕方にはバルセロナに戻らなくはいけないため、2時間程じっくり見学し、

私はフィゲラスを後にした。

 

あれから17年。

再び、今度は東京にダリがやってくる。

私のダリを巡る旅は、まだ終わっていないのだ。

 

 

 

 

2月 19, 2016

村上隆の五百羅漢図

六本木の森美術館で開催中の、村上隆の「五百羅漢図展」を見てきました。

http://www.mori.art.museum/contents/tm500/

村上隆といえば、フィギュアやアニメキャラのアートでなんだか欧米人受けして、、な印象でしたが、

そんな先入観を払拭する、はじけた展示にびっくり。

このポップさは、絵にも挿入されている若冲作品を思わせて、とっても楽しめました。

写真OKなのもすごいので、ついついパノラマでたくさん撮ってしまいました。

RALK

 

1月 12, 2016

Because I am a Girl.

「わたしはマララ」を読んでいます。

マララ ユスフザイさんはわずか17歳で2014年のノーベル平和賞を受賞したパキスタンの女性です。

本では、教育者の父の影響を受けた彼女の生い立ちや、タリバン圧政下の現状をネットで世界に配信し、それをきっかけにタリバンに襲撃され生死をさまよい、復帰の後に国連で児童権利保護のためにすばらしいスピーチを行った経緯などが書かれています。

まだ半分までしか読んでいないのですが、ちょうど映画もやっていたので、これも見てきました。

マララさんのスピーチは中学の教科書にも紹介されているせいか、渋いミニシアターにも関わらず春休みの小中学生の姿もちらほら。映画後半の、襲撃後の麻痺が残る面持にも関わらず、それに負けない力強いスピーチは圧倒的でした。パキスタンの地方出身の少女が、教育の力で現状の理不尽に目覚めネットを通じて世界に発信し、大舞台に立ち最も栄えある賞を受ける。グローバリゼーションって、こういう事なんでしょうね。

 

51QJqGS6NrL__SX315_BO1,204,203,200_

 

11月 16, 2015

パリに祈りを

IMG_1125IMG_1126IMG_1127image_a953_flvcrop_768_5000

表参道のルイ・ヴィトンで開催されている「フランク・ゲーリー / パリ フォンダシオン ルイ・ヴィトン建築展」を見てきました。

パリ西部ブーローニュの森の中にできた、斬新な造形の美術館の建造プロセスを展示しています。

子供のなぐりがきのようななスケッチから始まり、積み木のブロックからイメージを膨らませ、徐々に形を表していく工程は、建築家本人もさることながら、周りのスタッフの尽力にも脱帽。

ぜひ実物を見るべくパリに行きたいな、、と思っていた矢先。

悲惨なテロが起きました。

多くの犠牲者を出し、今も厳戒態勢が敷かれています。

混迷するヨーロッパの出来事は、日本にいるわたし達とも決して無縁ではありません。

パリに祈りを。

 

11月 9, 2015

火花

今年話題の芥川賞受賞作「火花」

やっと読みました。。

電車の中のついで読みがメインなので、なかなか本を読めなくなっていました。

舞台の前半はご近所、吉祥寺。太宰好きの又吉直樹にとっても、この辺りはよく行き来した場所なのかもしれませんね。

前半の、先の見えない芸人生活の描写は秀逸で、トップ芸人の蔭にあまたの名もなき芸人があり、彼らの存在や切磋琢磨があってこそトップの芸があるという、少し切ない話しでした。

新宿の吉本劇場で呼び込みしている若手芸人の方にも、これからは優しいまなざしを向けられそうです。

hibana