12月 27, 2018

ボヘミアンラプソディー

Written by

話題の映画、ボヘミアンラプソディーをみました。

Queenの曲を聞いたことはありますが

人気絶頂の頃はよく知らず、上の世代に流行ったイメージでした。

次々と斬新なヒット曲を作る過程や、成功の裏の葛藤、

最後のライブエイドの圧倒的なパフォーマンスは、

息つく暇もないくらいで、予想以上に面白かったです。

ブライアンメイ、そっくりすぎ!

 

後半、フレディが同性愛をマスコミから詰問されたり、

エイズに蝕まれていく様子が印象的でした。

フレディが亡くなったのは1991年でした。

当時はHIV感染者は同性愛や薬物使用者に多く、

AIDSを発症し死に至る病いと恐れられていました。

 

その後、次々と抗ウィルス薬が開発され、

感染してもAIDSを発症することなくコントロールできる病気と変わっていきました。

 

1998年、私は一か月ほどニューヨークのマウントサイナイ病院の感染症科で研修をしました。

病棟ではAIDSの患者さんも多数いましたが、

画期的な新薬Crixivanの登場でHIV感染の脅威が薄らぎ始めた印象がありました。

街角の看板や新聞広告にまで、Crixivanの宣伝があった事に驚いたものです。

その薬も、次々と登場した新薬の影で、現在は販売が終了しています。

 

もしフレディの病気があと10年遅かったら、

彼はAIDSで命を落とす事なく、今頃はまだ現役のスターであり続けたのかもしれません。

 

Category : 医療趣味

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>