三鷹台眼科クリニックブログ
7月 27, 2018

日本人は平たい目族?

Written by

海の日の連休に新宿で開催されたフォーサム(眼感染症、眼炎症、コンタクトレンズ、涙道の合同学会)に参加しました。

 

感染やコンタクト、涙道関係を見て回りました。

調節や屈折のセッションで面白い話がありました。

戦後の栄養状態の改善により日本人の体格が変化していきましたが、

日本人の眼のかたちも世代間で変化がみられるそうです。

imagesWE17WPUP

若年世代ほど、角膜(黒目)の形はフラットに(平たく)、反対に眼軸(目の長さ)は伸びる傾向にあり、

この傾向は50年代から70年代生まれにかけて顕著であったそうです。

角膜がフラットになると遠視化を意味しますが、

眼軸がのびて近視化する分がこれをうわまわるため、全体として近視化しているそうです。

体は細身で手足が長く長身になったのと同じなのでしょうか?

 

日本人は白人と比べてフラットな目だというデータが以前からありますが、

映画『テルマエ・ロマエ』でいわれた「平たい顔族」だけではなく、

「平たい目族」でもあるようです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>